農業求人サイトの比較ランキング
農業求人サイトランキング > 農業専門の求人サイト > マイナビ農業が考える今後の農業について

マイナビ農業が考える今後の農業について

ランキングはこちら

mynavinogyo

マイナビ農業が考える今後の農業について

マイナビ農業では農業に関する情報や就労情報を紹介していますが、その中でもさまざまな考え方も示しています。
マイナビ農業で今後の農業について赤字にならないためにはネットでの集客に固執することなく、さまざまなイベントの開催も必要だという考えが重要だと公開しています。

農業の近代化では定期的、または単発的でも、定額で一定量の無農薬野菜をネットを介してい販売する取り組みがありました。
例えば月に1回3000円でその時の旬の野菜を届けてもらうというようなものです。

無農薬や顔が見える野菜として話題を集めており、利用者も多くいて、ネットによる集客に関心を持つ農業従事者も多くいます。
ネット上の情報は更新しなければならないし、見てもらえないこともあるので絶対視はできません。
そういった意味では実際にお客様と顔を合わせられる、イベントがとても良い方法だといえます。

リアルタイムで生の声を聞ける、野菜を食べて評価してもらえる、信頼関係を築けるという意味では今後の農業はリアルに対面するイベントがとても重要だといえます。

販売価格は赤字にならない工夫が必要

農業従事者にとって、トマトやキュウリなどの単価を考えることは難しいことかもしれません。
市販されている野菜の値段を参考に3個で100円などのような、安易な価格設定をしていると手間だけがかかって赤字になることがあります。

そうならないための工夫が必要で、人件費、ガソリン代、梱包材の費用、その他電気代や水道代などのコストを細かく計算した上で正しい価格設定が必要です。
べらぼうに高い設定でも良くありませんが、やはり利益を盛ることは必要です。

トマトやキュウリを1ついくらで売ることに専念するよりも、栽培野菜をのすべてを使って消費者に食べてもらえるようなイベント開催がベストです。
そうすれば付加価値もつけやすくなり、美味しい食べ方や調理法も加えると利益も盛りやすくなります。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
農業求人サイトおすすめランキング

基礎知識

業種

農業専門の求人サイト

Copyright© 農業求人サイトランキング All Rights Reserved.