農業求人サイトの比較ランキング
農業求人サイトランキング > 業種 > 花の仕事、ビジネス

花の仕事、ビジネス

ランキングはこちら


花にまつわるビジネス

花にまつわるビジネスは、数多くあります。
販売を手掛ける花屋、飾ることを生業とするフラワーアレンジメント、庭木の手入れや伐採をする植木職人、花を育てる花卉農家。
ここでは、花卉農家を取り上げて、もう少し詳しく見ていくこととしましょう。

古くから、花は鑑賞用の贈り物として喜ばれてきました。
現在では、料理を彩るアクセントとして花が添えられる機会も増えています。
そのような花を、丹精込めて育てている花卉農家とは、どんな仕事をしているのでしょうか。

花卉農家の多くは、何種類かの花を長い期間丹精込めて育て上げて出荷するという作業を繰り返しています。
今日の頑張りが明日実を結ぶような仕事ではありません。
丁寧に育てていても、害虫などがついてしまい出荷目前で泣く泣く廃棄処分することもあるそうです。

従って、花を愛する心はもちろんのこと、根気が必要な仕事と言えるでしょう。
成長を待って見守ることが苦になるような性格では、難しいかもしれません。

花卉農家の日常

朝一番にやること、それは花の状態をチェックすることです。
現在では、ほとんどの花卉農家が温室内で花を育てています。
温室内の空気に異常がないか、害虫が発生していないかどうか、そのような確認をまずは行います。

その後は、害虫駆除、間引き、鉢の植え替え、水やりなど、ほぼ毎日同じ作業です。
休日だからと言って、作業を休むわけにはいきません。
花の状態は毎日欠かさず見てあげる必要があるのです。

出荷間近になると、作業内容も大きく変わって、時間との勝負になります。
花の出荷はそのタイミングによって価値が大きく変わり、それが価格に直結します。
1日ずれただけで、100万円単位の差が出ることもあると言います。

従って、出荷のタイミングを見極めて、お客さんの手元に届いた後に1番きれいに咲く時期となるようにしなければなりません。
ここが花卉農家の腕の見せ所と言えるでしょう。

どうやって花卉農家になるのか

花を育てることを自分の仕事としたいなら、まずは花卉農家に就職してノウハウを学び、種まきから出荷までの流れを何度も身をもって経験することが1番の近道です。
将来的に独立を考えているとしても、まずは修行です。

現状、多くの花卉農家が後継者不足に悩み、後継者の育成に力を入れています。
数か月から半年という期間で体験をさせてくれる農家もあります。
花とともに生きることを決めたなら、まずは体験してみましょう。
本当に自分に合う仕事なのかどうか、見極めることができるでしょう。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

あぐりナビ

求人件数1,000件以上
掲載エリア全国の求人
情報量農家に訪問して情報収集・写真付き満載
その他専任アドバイザーへ無料相談可能(電話・メールOK)

求人を見る

農家のお仕事ナビ

求人件数200件以上

新規就農相談センター

求人件数100件以上
農業求人サイトおすすめランキング

基礎知識

業種

農業専門の求人サイト

Copyright© 農業求人サイトランキング All Rights Reserved.